オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
マウンテンバイクに乗る人

運転免許を取得している方ならご存知のことですが、自転車も法律では軽車両に分類され自転車事故を起こしてしまうと罰せられることがあります。
外出しているとよく歩道を走行している自転車を見かけますが、厳密にいうとそれは法律違反になりますが、実際にそれで警官に注意されることはありません。
一般的に自転車事故とは歩行者との衝突事故のことをいい、自転車は原付などと同じ扱いになります。
夜間の無灯火運転などもありますが、歩行者との事故が割合的には一番多いとされています。

自転車保険について
自転車は法律では軽車両扱いになりますので、事故を起こしてしまうと民事・刑事責任を問われることになります。
そんな時に役に立つのが自転車保険と呼ばれる保険です。
まだあまり馴染みのない自転車保険ですが、今では少しずつですがその知名度が浸透しつつあります。
その背景にあるのは、過去に自転車事故を起こしてしまったことにより数千万円の損害賠償責任を問われた、というニュースがありました。
それから自転車保険という物の認識が高くなったと言われており、加入者が増加したと言われています。

自動車保険について
新車や中古車を購入する際に自動車保険に加入することがあり、レンタカーでも保険に入るか選択をすることがあるくらいです。
これは主に衝突事故などにより車を壊してしまった場合や、人に怪我を負わせてしまった時に適用される保険のことです。
その破損具合や怪我の範囲によって保険会社から支払われる保険料は異なりますので、金額については省略します。
人によっては保険に加入しない方がいますが、絶対車の運転中に事故を起こすことはないとは言い切れませんので、自分を守る意味でも自動車保険はすべて加入するようにしましょう。

自転車の交通ルール
近年、自転車事故が増加の傾向にあります。
自転車を走行するには、守らなければいけない交通ルールがいくつかあります。
まず、自転車は原則として、自動車と同じように車道を走行しなければなりません。
自動車と同じく左側走行となります。
歩道を走る場合には歩行者が優先となります。
また、二人乗りや飲酒運転、並走することは禁止されています。
その他には、夜間はライトをつけて走行することや子供には安全のためにヘルメットを着用させるなどがあります。